スマホから解放されて、自分を取り戻す時間術 その1

brown hourglass on brown wooden table
Photo by Mike on Pexels.com

今年こそはと意気込んで、目標や抱負、やることリストなんてものを掲げる方も少なくないと思います。しかしそんな中で、仕事や家事が忙しくて「自分に充てる時間がない!」そんなことで悩んでる方いませんか?

時間が無いという悩みは、現代の人々には常にある共通事項だと思います。「やらなきゃいけないこと」にいつしか時間を割かれて、「やりたい事」は気が付くと押しつぶされて、頭のどこか片隅に追いやられているという人もいると思います。

そこで今回は、やりたい事があるけど、そんな時間は取れないという方が、心を少しでも軽くして、気軽に挑んでいただけるように、お話していければと思います。

時間がなくても仕方ない!?

やりたい事に取り組めないのは、自分のせいなのか?いいえ、それは違います。

時間が無くて取り組めない!という事は現代ではもしかしたら当然なのかもしれません。

なぜなら、昨今の社会の風潮として、忙しく頑張ることを、よしとする考え方があります。次から次へといくらやっても終わらず、少しでも休めばおいて行かれる、という恐怖感から毎日へとへとになるまで仕事をしなければなりません。

同調圧力とは恐ろしいものですね~。

もう一つは、そこから帰ってきてからです。みなさんはYouTubeは見ますか?もし見ないという方には、SNSはどうでしょう?はたまたNETFLIXなどの動画配信サービスはどうでしょうか?これらの娯楽はとても面白いコンテンツばかりで困ってしまいますよね?

しかも、更新すればいくらでも新しいコンテンツが出てきます。これでは時間は無くなっていくばかりです。

当たり前を疑おう

毎日「やりたいこと」では無く、「やらなければならないこと」に振り回され、家に帰って無限大のコンテンツに触れるのは、楽しいけれど、本当にそれは幸せに繋がるのか?

一度今までの当たり前を払拭することから今回は始まります。

もし、毎日スマホ画面を4時間見ているのなら、8時間の仕事をした後に、バイトをしてきたのと同じ時間分集中力が散漫になっているという考え方もできます。この時間を自分の目標に向けられたら?。。。

SNSやYouTubeを見るのが生き甲斐だという方に無理にとは言いませんが、もし、これでいつか後悔するのなら、一度やってみるのも手ではないでしょうか?

さて肝心のそのやり方ですが。。。

トライ&エラー

  1. メインクエストを決める
  2. 全力で一点集中する
  3. 回復する
  4. メモを取り改善する

自分はゲームが好きなので、メインクエストとしていますが、呼び名は勝手に変えてください。

まず最初に、一日の中で最も力を入れたい事をメインクエストにします。最重要項目ですね。「今日はこんなことを頑張れた」という、今日のハイライトを作るためです。

次に全力でメインクエストを達成するために、準備が必要です。作業をする上で集中を害するものを、すべて排除します。勉強を例にとれば、スマホやパソコン、テレビなどがそこに当たるかと思います。

また集中する時間は60分以上90分未満の範囲で集中していると、一番効率よく目標に取り組めます。

三番目の回復するは、我々の体にある体力というバッテリーを回復、増強してより集中して、目標をクリアするために、大切な行為です。適度な休憩を挟むことで、いいパフォーマンスを維持できるようにします。もし、バッテリーがゼロになってしまったら、自制心が弱まってSNSにどっぷり漬かってしまうかもしれません。。。

最後は、今日一日を振り返って、「クエストはクリアできたのか」「改善の余地はあるか」「どの程度集中できたのか」をメモします。日記を書くのがいいのかもしれませんが、面倒なら短期間でも、メモを取ってデータとして残しておくだけでもいいと思います。

そしてこれを回し続けることで、有意義に時間使えてるマンにどんどんなって行くというわけです!

しかしこんなことでは終わりません。 その2に続く。。。

<次の記事>

スマホから解放されて、自分を取り戻す時間術 その2

<参考>
時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」


コメント

  1. […] 前回の記事→→スマホから解放されて、自分を取り戻す時間術 その1 […]

タイトルとURLをコピーしました