2022.4.6 TOEICを受けてみようと思います。

高校を卒業してから一体いくつの春を通り過ぎたのか、もう数えなくもありません。
突然ですが皆さんはTOEICという試験を一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

現に受けたことのある人もたくさんいることと思います。

そんな試験にこの度、英語力0、勉強のできない私が挑もうと思います。

なぜ挑もうと思ったのか?

挑戦しようと思った理由は様々ありますが、まず第一に英語がわかることによる世界の広がり方が尋常じゃないと思ったからです。

英語と日本語、圧倒的な情報量の差

ある時見たネットニュースに、日本と海外の情報量の差を書いたものがありました。

現在、ネット上のコンテンツの約60%で英語が使われているそうです。しかし日本はわずか2%ほど。英語はさすが公用語って感じありますねぇ。


当然、ネットユーザーの数も英語が1位で全体の25%を占めていて、次に中国語が20%ほどを占めています。そんな中、日本語は2.5%ほど。

このことから「なぜグローバルな時代に、セルフで鎖国をせねばならんのだ!」と思い、そこから自分の心の中に、開国運動が起き、坂本龍馬が日本を改革した様に、自分自身を改革せねば!と思ったわけです。

より多角的に物事を見れるようにするためにも、是非とも英語は理解したい。

そして第二に、音楽が好きだからです

世界には様々なアーティストが居て、多種多様な音楽があります。それらを知って歌詞を理解して、音楽が好きな人ともっと繋がりたい。そんな思いもあったりします。

そして心のどこかに、しゃべれるようになったらかっこいいのでは?という下心もあったりします。

そんな私の現在の英語力

現在の自分の英語力は最初に書いたように、です。中学三年生の時に関係代名詞という摩訶不思議なものに出会ってから、英語とは遠い距離を置いてきました。

その後、浪人時代に勉強しましたが、そこからも時間は過ぎているため、何も記憶にありません。
(そもそも大学に受かっていないので、英語力なんて推して知るべしです。。。)

なので、文法はもう一度中学英語から。英単語は家にあったターゲット1900を使ってひとまず勉強していきたいと思います。

目標

最終的には、英語が『読める』『聞き取れる』『話せる』『書ける』という状態になることを目標にしています。

そのためには様々な学習が必要ですが、まず自分の実力を知るために、英語の第一歩として今回TOEICを受けてみたいと思います。

試験日が5月29日なので、今日から換算すると約50日ほどです。TOEICは990点が満点であり平均点が大体600点と言われているので、ひとまずは、

650/990点を目指して頑張っていきたいと思います。

皆さんもこれを機に何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それでは。。。

<使っている参考書>

created by Rinker
¥1,210 (2022/09/29 20:57:31時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました